女性には毎月訪れる生理ですが、この生理が始まる前に様々な不調を、感じる方は少なくありません。

生理前2週間くらい前から、感じる不調はPMS、「月経前症候群」であるケースが多いようです。
月経前症候群は女性ホルモンの影響により、身体的・精神的な不調を感じる症状の事を言います。

身体的な症状には、胸が張って痛くなる、便秘や下痢、頭痛や吐き気などが挙げられます。
精神的な症状としては、イライラする、不安感に襲われる、不眠、無気力などを感じる方が多いようです。

このように月経前症候群の症状は多岐に渡り、また同じ女性であっても症状には個人差がある為、悩んでいる方が多くなっています。

この月経前症候群の症状を、少しでも軽減したいなら、ビタミンB6を摂取して見ましょう。
この栄養素は女性ホルモンの働きや分泌を、調整する作用があると言われており、月経前症候群の症状がある方にお勧めです。

サンマ、カツオ、マグロ、サバ、イワシなどの魚やレバー類に、多く含まれているので月経前症候群に、悩んでいる方は毎日の食事に取り入れてみましょう。

最近ではビタミンB6が配合されている、サプリメントもあるので、補助的に摂取する事もお勧めです。