口内炎は、口の中や舌の粘膜に起こる炎症で、痛みや出血をともないます。
過労やストレス、睡眠不足によって起こる体力・免疫力の低下や、食事中に口の中を噛んだり、歯の治療器具などによって傷つけられた時に発生します。
また、粘膜を守る働きをするビタミンB2が不足すると、唇や舌などの粘膜にも影響が出てきます。
痛みが激しい時は、食事もままならない時がありますが、だからと言って適当な物を食べていては、より一層治りが遅くなります。体が疲れている証拠でもあるので、口内炎に良いとされているビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンC等をバランス良く食べなければいけません。
その中でも特に口内炎に効果があるのがビタミンB2dです。
症状を改善させる、または症状が出ないよう完全に予防する効果がある栄養成分です。
多く含む食べ物の代表としては、牛・豚・鳥レバー、のり、牛乳、ヨーグルト、チーズ、うなぎ、さば、たまご、納豆、アーモンドといったところです。
毎日必要な量を摂取する事で、口や目、鼻などの肌の粘膜を守ったり、皮膚の炎症を抑えたり、さらには美しい髪を維持する効果もあります。
最近は手軽なサプリもありますが、一番良いのは食べ物から摂取することで、他の多くのビタミンと共にバランス良く摂取する事が大切です。